バカラのルール

バカラのルール

バカラはカジノ、オンラインカジノともに「運」のゲームとして知られ、世界中のハイローラー(大金を賭ける人)に愛されています。特にアジア人に人気があり、日本人にとっては人気ナンバーワンのテーブルゲームです。ルールはシンプルなので基本的なことを理解していればすぐにプレイできます。

バカラの基本は「バンカー」と「プレイヤー」のどちらが勝利するかを予想することです。それぞれに2~3枚配られたカードの合計の下一桁が9に近い方が勝利となります。あなたは勝敗を予想するだけなのでベットする以外の操作は何も必要ありません。つまり勝率50%の運任せのゲームです。

カードの数え方

A,1,2,3,4,5,6,7,8,9はそのままの数字で数えます。10,J,Q,Kは全て0として数えます。すなわちA+3+Kなら「4」と数え、A+5+10なら「6」となります。「4」と「6」なら6の方が「9」に近いので「6が勝利」となります。

カードの枚数

最初にカードは2枚配られます。その合計が8か9なら「ナチュラル・ウィン」となり即勝利が決定します。例えば3+6やK+8などです。3枚目を引くのは「プレイヤー」が0~5の場合で、6,7は3枚目のカードは引きません。「バンカー」は少し複雑で、3なら「プレイヤー」が6,7で3枚目を引かなかった場合は3枚目を引く。「プレイヤー」の3枚の合計が8以外の場合は「バンカー」も3枚目を引きます。このようにルールが明確に定まっていて、ディーラーがその通りにカードを配ってくれるので完全に理解していなくてもプレイはできます。特にオンラインの場合は画面に数字が即表示されるので簡単です。

ベッドの選択

「バンカー」または「プレイヤー」のどちらかの勝利を予想する以外に「タイ(引き分け)」にかけることもできます。各率は低いので配当は大きくなります。また3枚目を配るルールの違いから「バンカー」の方が勝利する各率が高いため、「バンカー」で勝利した場合は5%のコミッションを支払う必要があります。

ぜひお試しください

>3枚目を配るかどうかのルールは少し複雑ですが、完全に理解していなくても楽しむことができます。シンプルなので初心者の方にもお勧めです。ぜひお楽しみください。